寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

能登沖地震

今日、午前9時42分に石川県方面で地震がありました。200名を越えるけが人と亡くなられた方もいました。

私はその時刻、娘の学童の卒入会式のため、在会児童の親(新役員)として学童の部屋にいました。子ども達もいて、元気にしていたので、保護者、指導員などそこにいた人は「地震」だと気づいていなかったようです。
昼から知り合いの家に行った時にテレビの報道を見て初めて知りました。
どこで、何が起るかわからない時代

寝屋川社協では、来年度の事業計画に、災害時の要援護者への支援などについて検討することになっています。

3月26日:能登半島地震命名されました。
(職員T)