寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

子育てサロンにぎわう

サロンの受付

昨日、6月28日に神田校区福祉委員会主催の子育てサロン「かみだチャイルドひろば」が開かれました。会場は、地元のかえで保育所を部屋を借りの実施
第1回目のサロンということで、スタッフも始まる前は、「来るかな〜」「どうかな?」と不安げな様子でしたが、10時開始の15分前から、少しづつ親子が集まってきました。校区福祉委員長自身が入口前で、自転車の整理に追われていました。

10時の開始の時点では、部屋の中は、参加者とスタッフでにぎわいました。参加者の多さで、冷房も効かないぐらいでした。最終的には40組の参加者(子どもと保護者で85名はいました。スタッフも加えると90名は超えていました。)
1回目ということで、委員長からの挨拶で、福祉委員会のことやサロンの主旨を説明していました。その後、主任児童委員の方から、サロンの進め方の説明をしていました。その後、参加者の紹介をしました。

参加者はそれぞれ、保護者同士で話し合ったり、子ども達を通じて声を掛け合ったりしていました。
保育所側からは、所庭も開放してもらっていたので、10組ぐらいの参加者が所庭にでて、砂場や保育所の子ども達と一緒に触れ合ったりしていました。

参加者からは、「以前、違う保育園のプログラムに参加したことがあり、近くの場所でこのような集まる場所がないかと思っていました。多くの方と知り合いになれたらと思います。」、「子どもが集団の中で触れ合えたらいいと思っています。」
スタッフからは、「この場を通じて、親同士が知り合いになったり、私たち福祉委員とも知り合いになって、気軽にあいさつができる関係になればと思います。」と話してくれました。

神田校区では、サロンを開始する前に、全戸配布のチラシを配布したり、かえで保育所にチラシを置いてもらったりしたことで、ここまでの参加者になったのかなと思いました。

今回の参加者の様子をみて、福祉委員の方々は、サロンの必要性を再認識し、今後の展開について考えていくきっかけになったと思います。

神田校区の「かみだチャイルドひろば」は毎月第4木曜日の午前10時から11時30分まで。かえで保育所で行います。(8月、12月は除く)
(職員T)