寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

田井石津校区福祉委員会総会

24日金曜日に西北コミュニティセンターで田井石津校区福祉委員会の総会が開催されました。私は田井石津校区の担当となって5年が過ぎていますので日頃地域の活動等でお世話になっています方々とお会いでき、声も多くかけていただきました。
20年度事業報告、決算報告、21年度事業計画、予算(案)は、異議なく承認をいただきました。議事の進行の中では、事業計画案に「ふくし発見プラン勉強会」と記載していた点について、「ふくし発見プラン」とはどんなものか?との質問があり、校区担当の私が説明させていただきました。
総会としては例年の雰囲気だったのですが、1点違ったのが、社協地域包括支援センターを受託し、この西北地域に事務所を構えた事。その関係で、校区の役員の方々の了承を得たうえで、西北地域包括支援センターのスタッフの自己紹介をさせていただきました。
専門職がチームとなって、高齢者の支援を行う機関として説明させていただきました。

田井石津校区のみなさま、社協職員として包括支援センター職員として、今後いろいろとお世話になります。

(職員T)

※西北地域の北校区福祉委員会は4月28日、木屋校区福祉委員会は5月8日に総会を開催します。今回と同じように総会前に包括支援センターの職員紹介をさせていただきます。

(職員T)