寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

西北外出援助活動ボランティアさんと一緒に皆既日食観察

今日は、46年ぶりの皆既日食。天気が気になるなか・・・・・
水曜日は西北地区高齢者外出援助活動の予約受付日、受付場所の西北コミセンへ行ってきました。
ボランティアスタッフの方々とお話をしていたら、一本の電話が、外出援助活動中のボランティアさんから、「今、外で見てみ〜、皆既日食が見れるで〜」との電話。ボランティアさんは利用者さん宅に到着した時だったそうです。

みんな、外にでて、観察、薄曇りの中だったので、肉眼で三日月の太陽を少しだけ観察できました。

カメラを忘れてました。

一瞬の出来事でしたが、話題に乗ることができました。

ボランティアみなさんとほのぼのした一時でした。

(職員T)