寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

ひとり暮らし老人の会「福寿会」の定例会で地域包括のお話予定

今日、午前中に田井石津校区にある、ひとり暮らし老人の会「福寿会」の会長と担当福祉委員の方が西北地域包括に来所し、11月の福寿会の定例会で地域包括支援センターのことなど参加者に話するための打ち合わせに来られました。

この話のきっけかは、田井石津校区福祉委員会の会合で、地域包括支援センターの話をさせていただいたときに、福寿会の担当福祉委員(民生児童委員)の方に、定例会でもし、機会があれば、説明させてくださいという話をさせていただいたのがきっかけでした。

約1時間の中で、西北地域包括支援センターの取組と介護予防と簡単な体操という形で進めることになりました。また、担当福祉委員からは、ひとり暮らし高齢者への支援は民生児童委員が対応しているので、民生児童委員にも呼びかける予定です。との話にもなりました。

少しづつですが、地域包括支援センターの取組について直接、市民、関係者の方々にお伝えできる機会が増えてきています。

(包括t)