寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

福祉委員とケアマネの交流会企画のふりかえり

今日、夕方から11月18日に開催しました西北圏域の校区福祉委員とケアマネジャーとの交流会の企画内容のふりかえりを行いました。
社協CSWと包括、社会福祉士、主任ケアマネジャーとのふりかえりです。

今回の企画は6月に実施した市主催の包括職員向けの企画研修の実践にエントリーした企画でもありますので、一石二鳥の考えで、企画者としてふりかえりをしました。
ふりかえるなかで、実は、全体としては盛り上がり、にこやかな雰囲気だったが、グループによっては、メンバーで意見を出し合いきれていない部分があった。ひとりが一方的に話していたなどの個々のグループ内での進行に課題が浮き彫りになってきました。今後、ファシリテーターとサブにつくスタッフがもう少し関わり方に工夫をいれていくことが確認できました。

進行面の課題も挙がりましたが、包括として一つの企画を実施して、その後、参加した福祉委員、ケアマネから「よかったよ」「またしてね」という言葉かけをしていただく事で力、自信になった部分もあります。

今後につなげていくために、ふりかえりシート、フリップなどの意見を整理し分析し、包括全体として流れをつくっていくことが確認できました。

12月14日が企画研修の最終日、企画実践のプレゼンを各包括が行います。
今日でてきた意見をまとめて実践報告書を作成していきます。

(T)