寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

名張地区社会福祉協議会視察研修

2010年2月9日に名張市社会福祉協議会を通じて名張地区社会福祉協議会の委員34名が寝屋川市に来られました。
市立総合センターの部屋で寝屋川市社協の取組みについてお伝えしました。

事前に名張市社協の担当者から、ひとり暮らし老人会の取組みと地域(福祉委員会)の支援について、地域のニーズをキャッチするための取組みについて、お話していただきたいという連絡受け、当日、職員Tと職員Hの同期コンビで対応しました。

名張市はまちづくり協議会があり、今後その協議会と地区社協がどのような関係になっていくかという課題というか新しいまちづくりの展開が始まっている地域

人口規模、面積は違いますか、高齢化率などは同じという共通点もありました。

ひとり暮らし老人会の設立経過と現状、課題についての話
ニーズキャッチの取組みとして、住民懇談会について、住民懇談会のすすめかたの冊子を作って、校区福祉委員会で冊子に基づいて取組みつつある現状の話や、CSW+まちかど福祉相談所の取組みなどについてお話させて頂きました。

今後の地域活動の参考になればと思います。

視察にこられました、委員のみなさん、同行しました社協職員、ありがとうございました。

(職員T)