寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

高齢者の心理について、ヘルパー養成研修でお話をしてきました。

2012年7月4日
寝屋川市保健福祉公社主催のホームヘルパー養成研修(2級課程)で「高齢者の心理・障害者(児)の心理」というテーマで
お話&グループワークをしてきました。
受講生23名

昨年からご依頼を受けて、今年で2回目

西北地域包括支援センターの運営に関わっているという立場でのお話。

テキストを利用しながら、ワークも入れて進めました。

アイスブレークでは「心理」・・・・人との違いということと、私自身「落ち着かす」意味を兼ねて「1分間ゲーム」を
しました。

その後、テキストを用いての心理についての話し。
そして、喪失感にポイントをおいて、6グループに分かれて喪失体験をカードを使ってワークをしながら
考えていただきました。

休憩をはさんで
障害者(児)の心理についてテキストを用いてお話
ここではコミュニケーションにポイントを置きなから
心地よいコミュニケーションについて2人1組になっていただき体験していただきました。

最後には、ある高齢者の方が子ども達に書いた手紙をスクリーンに投影して、みなさんに心の中で
読んでいただいて
研修を終わらせていただきました。

数名の受講生の方から感想を聴かせていただきました。
ありがとうございます。素敵なヘルパーさんになってください。

(包括T)