寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

第22回北校区ふくしまつり開催

2012年10月27日(土)
午前10時30分〜午後3時まで、北小学校体育館周辺で第22回北校区ふくしまつりが行われました。

午前中は、福祉バザーを開催。恒例になった催しの為、開始前から沢山の方々が待っていました。
このバザーはリサイクルの一環の他、北校区福祉委員会の自主財源確保の一環で行っています。

午後からは、第3中学校の2年生有志による、和太鼓の演奏。(文化祭でも評判だったと校長先生が太鼓判をおしていました。)3曲の演奏の中には東日本大震災の復興を祈念した曲もありました。最後の曲では、体操活動をしている中学生が側転や、バック転などを披露していたました。リズムにあわせた動きが良かったです。

その後は、北幼稚園児による、オリンピックイヤーにちなんだ踊り、合唱、合奏などかわいらしかったです。
その後は、会場のみなさんとの合唱(リード役は土曜サロン参加者)
子育てサロン参加の子ども達と幼稚園児が一緒になっての歌と踊り

北小学校、児童有志による三線の演奏、この取り組みは年を追うごとに参加する児童が増え、今年は北小OBで第3中学校1年生有志も一緒になって、演奏しました。

最後は第3中学校吹奏楽部による演奏でした。





体育館の外では、小学校、中学校PTA、社明による模擬店もありました。

私、職員Tは、CSWとして関わり、PR活動として広報車の運転をしたりしました。また、西北地域包括は、介護相談コーナー(介護者の会、ボランティアグループ、介護用品業者、西北包括)で来場者の対応をしました。
西北包括コーナーには12名のかたが立ち寄っていただきました。

来週は、木屋校区のふれあいまつりです!!



今年も盛り上がったまつりでした。

(職員T)