寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

西校区・東高柳地区サロンで包括・介護予防説明

ちょっと前の出来事の報告
2013年7月31日(水)東高柳公民館で西校区福祉委員会、東高柳地区サロン「ふれあい喫茶サロン」が行われました。
そのサロンで今回、八中地域包括支援センターから管理者と看護師2名が参加して、地域包括支援センターの役割や介護予防として
熱中症予防の話をしました。

地域包括支援センターの名前を知っている方も多く、また、市の介護保険制度の窓口でもある高齢介護室がある公共施設にも比較的近い地区でもあるので、包括支援センターに来なくてもできる手続きなどの説明も併せてしました。

看護師からは、熱中症予防の話を資料を配りながら説明し簡単な体操も最後にしました。

説明が終わった後は喫茶の時間となり、その時間を使って健康相談(血圧測定)を行いました。その流れで具体的な相談もあり
包括に後日電話を頂くこととなった話もありました。

今後も、地域に出向いての説明会などを独自でもまた福祉委員会等の協力を得て行っていきます。