寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

2014年2月3日 節分ですね。

今日は、木屋校区の香里西之町自治会館で木屋校区福祉委員会香里西之町地区福祉委員会)主催の
ひとり暮らし高齢者(昼間ひとり暮らし高齢者一部含む)対象のふれあいいきいきサロンが12時から行われました。

今回は、節分にちなんだ、会食とゲーム。そして社会福祉協議会事務局が今年度から調整をしている大阪府看護協会の
取り組みの「まちの保健室」の一環で看護協会から保健師、看護師の4名の方が参加され、健康相談を行いました。


そして、社協が運営しています西北地域包括支援センターからも看護師が参加しました。
包括の看護師は過去から香里西之町のサロンに参加していますのでスタッフ、参加者と顔なじみの関係になっていますので、
今回は、運営スタッフの支援にはりながら、まちの保健室への橋渡し役を担いました。


まちの保健室への相談もあり、また、福祉委員からの声かけ、ゲームを通じて
みなさん、楽しいひと時を過ごされたようでした。

http://www.osaka-kangokyokai.or.jp/CMS/00148.html