寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

田井校区・ふれあいサロンでかぎ預かり事業と介護予防のお話をしました。

2014年5月10日(土)午後1時30分から田井校区福祉委員会主催のふれあいサロン(緑町公民館)が行われました。
参加者は、田井町、緑町の方々25名、福祉委員15名

今回は、26年度本格実施のかぎ預かり事業(緊急時安否確認事業)の説明と社協が運営しています第三中学校区地域包括支援センターからお口の健康についてお話と体操のミニ介護予防講座を行いました。

かぎ預かり事業については、4月からひとり暮らし高齢者の方々へ概要説明のチラシを配布し、事前の利用についての意向調査を行っていたので、詳細説明の場として行いました。

参加者からは、利用登録の手続き方法についての質問がいくつかありました。
みなさんの関心の高さを感じることができました。

休憩を挟んで、三中包括の看護師からお口の健康についての説明を行い、お口の対応を参加者みなさんと行いました。

最後に福祉委員で元気アップ体操サポーターの方から介護予防につながる体操をみなさんと行いました。


サロン終了後、参加者の方からは、「楽しかった」という言葉をいただきました。
また、福祉委員からは、初めて参加するかたもいて、今後のサロンが楽しみと話されていました。
田井校区福祉委員会では、5月24日にも田井小学校(音羽町、田井西町、石津南町)でサロンが行われます。
そのときにも、かぎ預かり事業とお口のお話と体操をする予定です。