寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

西圏域ネットワーク会議でかぎ預かり事業について説明

2014年5月26日(月) 午後2時〜3時30分まで、西コミュニティセンターで西圏域の地域包括支援センター
(第二中学校区地域包括支援センター、第八中学校区地域包括支援センター)主催の西圏域居宅介護支援事業所ネットワークを開催しました。
西圏域内に事務所を構える居宅介護支援事業所を対象に26年度第1回目のネットワーク会議でした。

内容は、26年度から本格実施するひとり暮らし高齢者を対象とした緊急時安否確認(かぎ預かり)事業の事業説明を中心に開催しました。
かぎ預かり事業について、本会の西圏域担当のCSWより資料を用いて説明を行い、その後参加者から質問を受け付ける
形で進めました。

CSWからの説明を受けて、参加したケアマネジャーからは、ひとり暮らし以外の高齢者夫婦世帯へ対象を広げていただけないか?という実際のニーズからの質問や安否確認を判断に至るまでの日頃の地域での見守り活動の状況などについての質問、実際の緊急と判断しかぎを預かっての実際の流れについての説明などを参加者みなさんから具体的な質問などがありました。

ケアマネジャーに周知することで対象となる方々への周知がより一層広まり、地域での見守りを地域住民と専門職で行っていける仕組みへとつないでいければと思います。