寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

平成28年度 日常生活自立支援事業 専門員・生活支援員増員による募集

平成28年度4月1日より日常生活自立支援事業の事業充実の一貫として、専門員(常勤嘱託)・生活支援員
臨時職員)を各1名づつ増員することになり、職員募集を行っています。
共に1年契約です。(更新あり)

日常生活自立支援事業は、認知症や知的障害、精神障害により判断能力が不十分な方が、社会福祉協議会との契約により福祉サービスの利用援助や、日常の金銭管理などのサービスを受けることにより、地域でいきいきと安心して暮らせるようにお手伝いする制度です。
事業について・・・寝屋川市社協のホームページでご確認願います。http://www.neyagawa-shakyo.or.jp/03_nitijojiritsusien.html

専門員は、主の相談受付や利用希望者との契約に関する手続き及び契約の生活支援員の支援状況の把握、関係機関との連絡調整及び解約手続きなどを行います。

生活支援員は、契約後の支援計画に基づいた支援を行います。金融機関への入出金、本人への生活費等の受渡し、生活面での相談、福祉祭―ビス利用援助に関する支援など利用者への支援などを行います。

現在、専門員3名、生活支援員3名の体制ですが、契約までお待ちしていただいている待機者の増加を受け、今回専門員、支援員、各1名の増員を行うことになりました。

みなさまの応募をお待ちしています。
専門員、生活支援員の採用状況等は違いますので寝屋川市社会福祉協議会のホームページ職員募集のページでご確認願います
専門員は、嘱託職員2名募集の内、1名が日常生活自立支援事業の専門員として従事していただきます。
http://www.neyagawa-shakyo.or.jp/01_shokuinsaiyo1601f.html

生活支援員http://www.neyagawa-shakyo.or.jp/01_shokuinsaiyo1601g.html