寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

大阪聖母女学院中学校3年生対象の福祉学習スタート

2016年10月26日(木)から今年も、大阪聖母女学院中学校3年生対象に福祉学習が始まりました。
今年のテーマは「つながりを考える」
1回目の学習は、導入部分として、寝屋川市社会福祉協議会職員Tより説明、ワークの進行を行いました。

当日は、オリエンテーション
・ワーク1「UFO着陸」(アイスブレーク)
・ワーク2「出会いのジャンケン」
・ワーク3「つながるワーク」(以心伝心)
・福祉のイメージワーク(福祉の色のワーク)
・ふりかえり
をおこないました。
生徒から様々な考えが「福祉の色のワーク」「ふりかえり」を通じて伝わってきました。

今後は
・車イス操作体験(校内体験・校外体験)
・障害のある方からのお話
車イスバスケットボール交流
・まとめ学習

車イス操作体験では、地元の校区福祉委員会の方々がスタッフとして協力していただきます。

この学習プログラムは毎年、学校からの依頼を受け、夏場にプログラム作りについて話し合い形にしていっています。
職員Tは、最終回のまとめ学習の時に説明役として参加します。