寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

阪南市社会福祉協議会より視察の受入れ

2017年2月9日(木)午前10時〜11時45分まで、阪南市社会福祉協議会のボランティアセンター運営委員のみなさま、校区福祉委員、担当職員方々、総勢24名の方が、寝屋川市社協のボランティアセンターの取り組み、校区福祉委員会のボランティア部会の取り組みについて視察研修に来られました。

当日は、社会福祉協議会の次長から寝屋川市社協のボランティアセンターの歴史とボランティア育成の考え方について説明し、ボランティア育成で重要な取り組みをしてきている校区福祉委員会のボランティア部会の位置づけについて説明しました。

続いて、ボランティア部会の取り組みとして、中央校区福祉委員会ボランティア部会長、堀溝校区福祉委員会ボランティア部会長から実際の活動についてや活動を通じて感じたことなどをお話していただきました。

視察にこられた委員の方々からたくさんの質問や意見などをいただきました。
質疑応答を通じて、それぞれの社協職員、参加者にとって取組む意義などの再確認ができたのではないかと思います。