寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

2018年6月8日(金)午後1時30分〜4時まで寝屋川市立保健福祉センターにて、平成30年度校区福祉委員会実務担当者(会計・書記)、新任福祉委員研修会を開催しました。
実務担当者は、会計・書記の方々、新任福祉委員は福祉委員に就任して2年以内の人を対象とし、37名の参加がありました。研修会は、2部構成で開催しました。
1部は、基礎研修として大学の先生をお招きし、校区福祉委員会活動の目的と意義について、寝屋川市と他の市町村の取組みを紹介しながら、講話をしていただきました。
参加者は熱心に話を聞き、大きく頷かれている方もおりました。

続いて、2部では、実務担当者研修コース(研修室5)と新任福祉委員研修コース(多目的ホール)に分かれて、
本会地域福祉課職員が説明役として、会計、書記の実務について説明。

新任福祉委員の方々には、校区福祉委員会における小地域ネットワーク活動などについて映像を見ていただきながら取組みの必要性などについて説明をしました。

どちらのコースも、明るい雰囲気の研修会となりました。本会では、今後も様々な研修を企画していきます。 職員T2