寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

新人職員内部研修 現場研修

2018年度に新規採用した3名の職員に職場内研修を段階的に行っています。

前期は、座学中心で地域福祉課、総務課、生活支援課の業務について先輩ワーカーから説明を行いました。

後期は、1月から2月にかけて、実際の業務に同行、同席した形の内部研修を行っています。今年度採用した新人職員3名は地域福祉課に配属されていますので、総務課、生活支援課の業務に同行・同席しての研修を行っています。

2019年2月14日は、新人職員T さんが生活支援課が所管しています地域包括支援センターの業務について理解を深めるため1日、第八中学校区地域包括支援センターで業務研修を行いました。ケース対応について三職種(社会福祉士、看護職、主任介護支援専門員)がそれぞれの専門領域からコメントをだしあいながらチームアプロ―チの実際の場面を触れることができ、日頃の業務に参考になったと感想を話してくれました。

f:id:clicknet:20190214114632j:plain

内部研修中の新人職員T

新人職員Tさんは、別の日に生活支援課の日常生活自立支援事業、生活困窮者自立支援事業についても同席、同行研修を行うことになっています。

 

(職員T)