寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

新人内部研修 生活支援課での内部研修最終日

2019年2月22日(金)30年度入職した新人職員対象の内部研修、現場研修編。生活支援課での現場研修の最終日でした。

地域福祉課に配属された3名の新人職員が生活支援課の業務、日常生活自立支援事業・生活困窮者自立支援事業で1日、地域包括支援センターで1日、計2日間の現場研修を1月25日から1名づつ受け入れてきました。2月22日に新人職員Tさんが日常生活自立支援事業・生活困窮者自立支援事業の現場研修を行いました。

9時の全体の朝礼後、生活支援課のスタッフに対して挨拶を兼ねて1現場研修の意気込みを話してもらいました。

f:id:clicknet:20190222092532j:plain

始業時に現場研修への意気込みをスタッフの前で語る新人職員Tさん

午前中は主に生活困窮者自立支援事業について担当職員からレクチャーを受けたり、関連した事業として貸付相談に来所された方への面接対応に同席したりしました。午後からは日常生活自立支援事業の事務所での来所支援時に生活支援員や専門員と一緒に同席しました。

最後に私、職員Tと1日の振り返りをしました。個別支援を通じての職員の面談技法や支援記録の作成などについて、支援記録の重要性を再確認できたことなどを話してくれました。CSWとしての日頃の業務でも参考になることもいくつもあったようでした。

自分が勤めている社協を知る機会になったようです。

(職員T)