寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

菜園プロジェクト・じゃがいもを収獲しました

2020年6月16日に就労準備支援と介護予防のプログラムの一環として行っています。八中地域包括支援センターの菜園コーナーで行っています。菜園プロジェクトを再開しました。

4月~5月の2か月間は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、プログラムを中止していましたが、6月16日からプログラムを再開

今回は、3月に植えたじゃがいもの収穫でした。

プログラムが止まっていた間は、地域包括支援センターの職員が最低限の手入れをしていた程度でしたので、ちょっと今年は収穫量はダウン

この日は、梅雨の晴れ間。就労準備支援の参加者は3名、介護予防の参加者は2名の5名でじゃがいもの収穫をしました。例年であれば収獲した作物を軸に後日、調理実習をおこないますが、今回は調理実習は行わず、収穫したじゃがいもは参加者みなさんで持ち帰りました。

久しぶりに参加者同士が再会し、作業を通じて、会話も弾みました。

f:id:clicknet:20200623140325j:plain

参加者みんなでじゃがいもの収穫をしました

介護予防の参加者からは「みんなとまた会えてうれしかった。また一緒に畑ができるな。楽しみ」と声をかけられ、就労準備支援の参加者からは「お身体は大丈夫ですか」など、高齢者の方へ声をかけられていました。

また、久しぶりに汗をかいた。と話す方もいました。

f:id:clicknet:20200623141913j:plain

今年は少し収穫量が少なかったけど、みんなで分けて持ち帰りました