寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

新人職員研修を実施しました。

2020年9月17日、29日、30日に新人職員研修・内部研修を開催しました。

2019年度1月入職職員、2020年度4月入職職員、計5名への内部研修の一環として実施しました。

今年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、新型コロナウイルス感染症特例貸付への対応、地域活動の自粛と再開に向けての対応などを入職まもない新人職員も第一線で活躍していただいています。

本来なら、6月ごと実施予定だったプログラムを今回9月に実施となりました。

 

9月17日は、地域福祉課の業務についてのレクチャー。

9月29日は、生活支援課の業務についてのレクチャー。

9月30日は、総務課の業務についてのレクチャー。

 

私、職員Tは、生活支援課にいますので、生活支援課での様子を紹介します。

この日は、包括支援センターの職員2名の参加もあり、7名に対して説明をしました。

はじめに、生活支援課係長から生活支援課業務の紹介、日常生活自立支援事業と生活福祉資金の説明をしました。次に、私、職員Tが生活困窮者支援の取り組みとして社協の事業説明・・・特に生活困窮者自立支援事業、生活緊急支援金、食品支援について説明をしました。

最後に、職員Tから新人職員等に担当している仕事を1分間で説明してと無茶ぶりを7名の職員からそれぞれの仕事について自分の言葉で話していただきました。

 

年度後半にも内部研修を行います。

次は、同行体験研修です。各課の仕事に半日、一日同行、同席しながら学ぶという形式を予定しています。

f:id:clicknet:20200929114102j:plain

9月29日の新人職員内部研修の様子