寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

2021年1月14日 緊急事態宣言発出に伴う本会の対応について

2021年1月14日 大阪府が緊急事態宣言の対象地域となり、寝屋川市では、「対応フェーズ5」に引き上げられました。

2021年2月7日(日)までの期間、寝屋川市より、各団体に対して活動自粛の要請がありました。本会におきましても、各種事業、講座などについて、中止、自粛する方針をたてました。

 

社会福祉協議会関係

●地域福祉部門

ボランティアセンター:相談員の活動及び部屋の使用中止

高齢者外出援助サービス(6地区)の需給調整及び運行中止

    ※地区ごとに中止期間が違います。(確認は本会まで)

移送サービスの運行中止

    ※1月14日~2月7日

ボランティア講座関係

    国松緑丘校区共催のボランティア講座 中止

    シニア編農業体験講座 調整中

    技術編 ICTを使った講座 中止

校区福祉委員会関係(自粛要請)

  役員会などの各種会議

  サロンなどの地域活動

●生活支援部門

 日常生活自立支援事業:感染対策を行った上、支援を継続

 生活困窮者自立支援事業:感染対策を行った上、相談対応を継続

  ※就労準備支援事業の集団活動は中止、個別対応に切り替える

 生活福祉資金貸付事業:電話予約による窓口対応

  ※新型コロナウイルス感染症特例貸付:電話相談、申請は郵送(ダウンロード)による対応

 地域包括支援センター:職員を事務所内で分室配置にして業務を継続

●総務部門

 通常通り

 不要不急の来所は控えていただき、まずはお電話による問い合わせをお願いいたします。

 

市民・関係機関のみなさまへご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。