寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

東日本大震災発生から5カ月

2011年5月11日、3月11日から5カ月。
春から夏へ、季節が移りゆく中、被災地の状況も日々変わってきています。
災害ボランティアセンターが復興支援センターというような形態へ移行したり、避難所支援から仮設住宅支援へ支援内容の変化もあるようです。
近畿ブロックとしての社協職員派遣も8月末をもって一端終了との話があります。
復興に向けての動きの中で色々な変化があります。

しかし、いまだ避難所で生活されている方が約8万7千人いるとの報道もあります。
人によっては、「復興」という状況にいたっていないかたもいるかもしれません。

今日という日、みなさまにとって、今日という日は?

(職員T)