寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

11月28日、西校区福祉委員会ボランティア部会で消防隊員を講師として招き、救命講習が行われました。ボランティア部会員を対象とした講習で職員Aも参加してきました。ボランティア活動を実施するなかで、万が一救命活動が必要になったら…!あってほしくないことですが、その「万が一」のための講習です。
実はボランティア部会で救命講習を行うのは昨年に引き続き、今回で2回目。「こういうことは1回で終わりにせず、何度も実施して忘れないようにしないと!」というボランティアの声もあり、今年も実施することになりました。
講習は90分で心臓マッサージやAEDの取り扱い方などを中心に行いました。
福祉の活動では個別支援やサロンなどのグループ援助活動などでさまざまな方とかかわります。「万が一」が起こらないことを祈りつつ、そんなことがもし起こったら、この研修で学んだことを無駄にしないようにしていきたいです。
(職員A)