寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

[ボランティア活動]台風21号の被害にあわれた、ひとり暮らし高齢者の方へのボランティアによる支援について

 2018年9月4日の台風21号で被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
 今回、寝屋川市社会福祉協議会では、寝屋川市内の持ち家にお住いのひとり暮らし高齢者の方を対象に、ボランティアセンター登録ボランティアグループの協力のもと、住居の屋根へのブルーシート張りについての対応を行うことになりました。
 市内の24の校区福祉委員会を通じて、ひとり暮らし高齢者の方に周知を行うこととなりました。
 
〇 対象:65歳以上のひとり暮らし高齢者(持ち家の方に限る)
〇 内容:住居の屋根へのブルーシート張り(2階の屋根部分)
〇 費用:実費分(土のう、砂代、ブルーシート等の実費)
  ※費用の目安(ブルーシート/サイズ 3.6M × 5.4M)
    → 市から支給を受けたブルーシートを使用する場合:約5,000円
    → ブルーシート含む場合(社協で用意した場合  :約10,000円

〇 申し込み・問い合わせ先:寝屋川市社会福祉協議会 電話 072−838−0400
〇 受付時間 :月〜金(祝祭日除く)午前9時〜午後5時30分
〇 ブルーシート張り以外のお困りごともご相談してください。

≪ボランティア相談・依頼をお考えの方へのお願い≫
・少人数のボランティアによる対応となります。(活動日は、週1回で1日2件程度)
・相談、受付から実施までお時間を頂くことがあります。
・危険を伴う作業の為、住居の2階部分までの対応となります。(3階以上は対応をいたしません)
・費用については、目安です、ブルーシートを張る大きさにより、実費負担分は変わります。
・費用は、後日、社会福祉協議会より請求をさせていただきます。
・屋根に張ったブルーシートは一時的なものです。雨漏り防止を保証するものではありません。

社会福祉協議会か職員が直接、高齢者宅へブルーシート張りについて電話による依頼の受付をする勧誘はいたしません。


みなさまのお声を十分お応えできない場合もあるかもしれませんが、ご理解をよろしくお願いいたします。

2018年9月12日より台風21号の被害にあわれた方への罹災証明の発行受付を始めました
詳細は、寝屋川市役所のホームページ等でご確認ください
寝屋川市ホームページ