寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

明徳・宇谷校区福祉委員会で認知症サポーター養成講座開催

10月4日(土曜日)に明徳・宇谷校区福祉委員会認知症サポーター養成講座を開催しました。会場は明徳いきいき教室。
参加者は、校区福祉委員35名が参加。講師のキャラバンメイト2名。社協職員1名(職員T)

今回のメイン講師のキャラバンメイトは、介護経験があり、現在はケアマネジャーをされている方でした。
ビデオ、スライド上映をしながら、配布したテキストを基本おきながら、今までの経験、体験した事例を分かりやすく説明していただきました。

養成講座終了後、参加者の方から「勤め先の事業所でも講座を開きたい、上司に相談してみたい」とお話しをしていただきました。

講師の方の経験、体験を活かしながらの話しにはテキストに書かれている言葉を立体的にしてくれる力があります。

知る、見る、聴くことは本当に大事だと思います。

認知症サポーター養成講座を6校区で開催されました。
次回の認知症サポーター養成講座は
11月に木田校区、木屋校区、池田校区で福祉委員、ボランティア部会員を対象に開催されます。

明徳・宇谷校区のみなさま、会場準備を含めありがとうございました。

(職員T)