寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

相談から見えてきた

包括支援センター業務、まちかど福祉相談、そして地域福祉活動から、いろんな相談がありますが、ここ最近、共通して見えてきているが、「高齢者夫婦世帯」「老老介護」という言葉が共通しています。それも介護保険制度を利用せづに、ぎりぎりまで支えあいながら生活をしている状況があります。介護保険制度ができて月日がたちますが、言葉は知っていても、いつ利用するのか、どんな時に利用するのか、タイミングの問題もあるようです。もちろん、制度がまだまだ理解されていない状況もあります。

社協として、包括として、地域支援組織として、地域住民への周知は引き続き必要と感じています。また、福祉委員会みなさん、介護保険事業所とも一緒になって支えあう地域を構築していきたいと思います。

(職員T)