寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

入れ歯から寄付金活動

社協を利用されいますみなさま。社協事務所を入ってすぐのボランティアセンター入口近くに「不要入れ歯回収ボックス」の存在に気づかれましたか?
昨年の夏ぐらいからNPO法人日本入れ歯リサイクル協会の関係者の方から、入れ歯回収ボックスの設置協力について問い合わせがありました。入れ歯から回収できる貴金属を取り出しリサイクルし益金を日本ユニセフ協会に寄付し、世界の恵まれない子ども達を支援するという趣旨です。
入れ歯から取れる貴金属をリサイクルするという資源活用と益金を寄付するという取組。

市の施設内に社協があるため、市とも協議を行い、また社協内部でも協議を重ねてきました。そして、社協事務所内に回収ボックスを設置することになりまいた。設置することで、設置元の団体から手数料が入るという仕組みです。

現在は、回収ボックスのメンテナンスを、社協が事務局を担っている「寝屋川市老人介護者家族の会」が担当しています。ということで、設置元から入る手数料は、介護者家族の会に入るという流れを取っています。
当事者組織でもある介護者家族の会の活動資金となるという仕組みになっていますので、みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いします。