寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

気仙沼市災害ボランティアセンターその1

2011年4月17日・・・第8クールとしての実質初日でした。
私、職員Tは、10名の近畿ブロックメンバーと災害ボランティアセンターのスタッフとして関わりました。

ニーズ班に3名、マッチング班に3名、資材・配車班に1名、炊き出し班に3名に分かれて、地元の社協職員や山形県山形市社協の職員、県内の登米市社協職員の方々と一緒に活動させていただきました。

日曜日とあって、県外からもボランティアさんが来られました。400名近くの個人、団体のボランティアが駆け付けてくれました。もちろん、地元、気仙沼の市民の方も活動に参加されています。

依頼ニーズは、日々変わってきています。

ゴールデンウィークに向けて、ボランティア活動希望者からの問い合わせも多くなってきています。

災害ボランティアセンターのスタッフは日々、少しでもいい活動ができるように、そしてその活動が被災された方々のためになるよう、気仙沼市災害ボランティアセンターを構成している各種団体とミーティングを行いながら、日々新しい災害ボラセンづくりをしています。


気仙沼市災害ボランティアセンターの情報は・・・・・
http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10247
(職員T)