寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

気仙沼から宮城県社協へそして、大阪へ

2011年4月21日夕方より、第8クールで各地に派遣された職員一同が集まり、被災地支援の状況や今後の支援に向けての課題などの報告会を行いました。

職員Tは、気仙沼に派遣された10名のリーダーとして、状況報告をさせていただきました。
現状では、GWに向けて、災害VCの周知のため、チラシの配布、エリア対応に向けて、地域の代表者を通じての状況把握などを行っている点、そして、各地からのバスに乗って、支援協力があがっている。「バス・ボランティア」の受け入れ状況報告などを行いました。

当面、気仙沼市災害ボランティアセンターには近畿ブロックとして、職員の派遣を増員すべきではないかということを伝えさせていただきました。また、今回の報告会なども含めて、各地の現状を近畿ブロックの各市町村社協に今まで以上に情報発信していく必要性を伝えさせていただきました。

報告会の後、夕方5時30分にバス2台で一路大阪へ。

22日午前5時過ぎに大阪に到着。
気仙沼に入った職員で、再会を約束して分かれました。

私は、夕方社協へ出勤し、口頭による報告を行いました。
そして、その夜、担当している校区福祉委員会の総会に出席し、総会終了後、気仙沼での活動報告を行いました

・・・・追伸
昨日の日記で、ブログ900日となりました。2005年4月25日にスタートしたブログが6年で900日・・・・その内容が、東日本大震災の内容・・・・いろいろ思うことがあります。

今後も、寝屋川市社協職員の日記をよろしくお願いします。

(職員T)