寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

事業所との連携

2012年1月23日も西北包括管理者T は、圏域内の事業所に徘徊高齢者の支援のモデル事業の説明に伺いました。
今日訪問した事業所では、管理者の方以外に検討チームに参加していただいているケアマネさんも同席していただき、お話していただきました。前向きに検討していただける話となり、「まずは、やってみよう」雰囲気でした。

その話の後に、社協が地域包括を運営している関係もありまた、ケアマネ事業所に併設でデイサービスもしていることもあり、デイサービスとケアマネとの交流についての提案がありました。また、事業所に働いている職員のスキルを生かしながら地域活動に寄与できる方法についてや、地元の小中学生とデイサービスで福祉教育につながる仕掛けづくりの可能性などについての意見交換するまで話が広がりました。

社協包括としても可能性を秘めた話。今後、いきなりではなく、少しづつ話を詰めながら進めれたらと事業所から包括へ戻る車の中、いろいろとイメージを湧きました。

(包括T)