寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

就労準備支援 菜園プロジェクト 池の里市民交流センターで新たな取組みでスタート

就労準備支援のプログラムの一環に菜園プロジェクトがあります。現在、社協が運営している第八中学校区地域包括支援センターの菜園コーナーと社会福祉協議会が入っている池の里市民交流センターの社協事務所東側植込みを利用して作物や花などを育てています。

池の里市民交流センターでは春先から夏にかけてグリーンカーテンプロジェクトとしてゴーヤと朝顔を植え、育て、ゴーヤは収穫、朝顔の種を摘みとりました。

季節は秋へ

菜園プロジェクトの取組みを知った方からフリージアの球根の差し入れがあり、その球根を使って、社協事務所東側花壇を整地して9月中旬に菜園プロジェクトの一環、グループ活動の一環としてフリージアの球根を植える作業をしました。

f:id:clicknet:20190913121515j:plain

花壇の整地をしてフリージアの球根を植えました

9月から池の里市民交流センターでの菜園プロジェクトは、フリージアを育てる活動をスタートしています。

 

10月に入って、球根から芽がでてきました。

 

f:id:clicknet:20191009110033j:plain

参加者の方は、成長の様子が目に見えない中、少し不安な気持ちもある中、水やりなどをしてきました。芽がでてからは、成長が目に見えるので、不安な気持ちもなくなり、楽しく作業をしています。

このフリージアを育てる活動には市民交流センターの清掃をしていただいてるスタッフの方も気にかけていただき、参加者に声をかけていただいたりしてくれています。

日頃、交流の少ない参加者がプログラムを通じて、職員、他の参加者、以外の方々とのふれあい、交流が広がっています。

社協事務所の東側は、通路になっていますので、池の里市民交流センターを利用されるみなさま、フリージアの成長の様子を暖かく見守ってください。