寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

卒業にむけて〜ボランティアからのエール〜

卒業するみなさんへ

寝屋川市社協では、福祉教育の一貫として、市内の小中学校にボランティアグループの派遣調整を行っています。

その中で、平和学習の語り部活動、昔遊びを通じての世代間交流、4ヶ月検診時の支援活動を行っている「わくわく未来塾」というグループがあります。平和学習は6年生対象に実施しています。

わくわく未来塾から、18年度に平和学習を取組んだ小学校の生徒さんに向けて手紙を作成しました。・・・・

文章を紹介します。

ご卒業おめでとうございます。
六年間学び親しんだまなびやを羽ばたいてゆくみなさん、きっと夢と希望で胸を熱くされている事でしょう。
日本はいま平和ですが、六十数年前は戦争をしていました。
今も世界のどこかで戦争は続いています。私達の体験者として悲しくつらい戦争はこの地球上から一日も早くなくなってほしいものだと考えています。
平和についてみなさんといっしょに考え話し合ってきた事を私達は大変ほこりに思っています。
どうぞ中学生になっても人の悲しみや痛みのわかる心やさしい人間として勉強にクラブ活動にはげんでください。

平成十九年三月吉日
寝屋川市社会福祉協議会内 わくわく未来塾 一同

卒業をしていくみなさんに読んでもらいたく、ボランティアのみなさんが、学校に行って先生にわたす事になっています。