寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

楠根校区子育てサロンがスタート!

子育てサロンの様子

楠根校区子育てサロン「くすくす」が、6月20日にスタートしました。
「くすくす」は、0から2歳の子どもと親を対象に毎月第3水曜日の午前中に楠根南町集会所で行われます。
昨年から協力者に声かけを行い、話し合いを重ね、第1回目を迎えることができました。
出席カードや名札、会場正面に飾る看板やスタッフのユニホームまですべて手作りで準備されました。
スタッフの「今日は何組来るかな?」の声の中、チラホラと子どもを連れたお母さん達が会場へと入ってこられました。
はじめてのサロンということもあり、楠根校区委員長のあいさつや子育てサロン部会長からのサロンの目的についての説明、今日のスタッフの紹介が行われました。
初めはかたい雰囲気でしたが、子どもたちのよく知っている「おもちゃのチャチャチャ」をみんなで歌ったり、手遊びや参加者の自己紹介などが行われていくうちに、次第にお母さんや子どもたちもリラックスしたようです。最後に、ハンドベルのグループによる生演奏を聴き、大拍手のなかサロンは終了しました。お母さん同士もお友達になったようで、会場から出た玄関前でもしばらく話をされていたようでした。

参加者の感想にも「楽しかった、また参加したいです」とあり、サロン終了後の反省会でスタッフは、ホッと一息つき、次回のサロンの打ち合わせをされていました。
次回の「くすくす」は、7月18日(水)午前10時から楠根南町集会所で行われます。