寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

大津町災害ボランティアセンター派遣職員報告

2016年5月20日(金)
熊本地震・近畿ブロック派遣第6クールメンバーとして熊本県大津町災害ボランティアセンターで活動しています。本会職員Hより活動報告がありました。
5月22日に第7クールメンバーと引継を行います。

====以下(転載・一部編集あり)=====

被災財の集積場に行きました。
ボランティアは、被災財や倒れたコンクリート塀などの撤去が主な活動です。
支援に向かうボランティアさんにこれらの写真を目に触れるところにおいておくことで、今活動からする内容のイメージを膨らませていただくことも必要かと思いました。

その上では、私たちの活動は、大津町災害ボランティアセンターの「愛ことば」
「被災財を見らんで人ば視る。おったちが何とかしたかとは人たい」だと感じています。

=======================
集積場の写真
生活の中で大切に使われていた私財を手放さないといけない・・・中、ボランティア依頼をされる。
新たな生活の一歩踏み出すために必要なこと。