寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

2020(令和2)年7月 九州豪雨における災害ボランティアセンター開所状況について

2020(令和2)年7月4日未明から断続的につづく大雨によって九州・熊本県、福岡県を中心に氾濫などにより浸水被害等が多発し、地元では生活復旧に向けた災害ボランティアセンターの開設の動きが始まっています。

新型コロナウイルス感染拡大防止などの観点から、ボランティア等の受入れ体制などを事前に把握し、最新の情報を入手して、被災地の社会福祉協議会自治体などの関係者の迷惑とならないよう、また、被災地域の住民および親類の方々の生活を優先とした対応が必要と職員Tは思います。

最新の情報を把握しての対応をお願いいたします。

 

全国社会福祉協議会の「被災地支援・災害ボランティア情報」では以下の内容を掲載しています。

ボランティア活動を考えている皆さんへ ~被災地からの発信があるまでは被災地に向かわないでください~

災害ボランティア活動は、個人個人の自由な意思に基づいた活動であることが原則です。しかし、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで、感染を広めてしまう恐れがあります。とくに今回の被災地域は、人口に占める高齢者の割合も高く、感染の広がりが被災地の住民の命を脅かす事態を生じさせかねません。そのため、今回の災害における今後のボランティア活動については、県及び被災市町村の意向をふまえ、被災地域からボランティア募集に関する発信があるまでは、ボランティア活動を目的として被災地に向かわないでください。

 

www.saigaivc.com