寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

公民館まつりと池の里クラブまつり

今日は、本来なら休みなのですが、事務作業が残っていたりしていたので、事務所に出勤。
社協が入っている総合センターには、市立中央公民館もあり、年に1度の公民館まつりが、12日、13日の2日間開催されます。社協の入り口は、総合センターのメインロビーに面しているため、開会のあいさつなどが行われました。オープニングは近くにある寝屋川市立第2中学校の吹奏楽の演奏が行われていました。その後は、ジャズグループの演奏があり、その演奏が事務所にいい感じで聴こえていました。いつもとはまったく違う雰囲気で事務仕事を進めました。
また、今日は、ボランティアセンターで、おもちゃ病院が開院して、多くの壊れたおもちゃ(患者さん)を家族連れで持ってこられていました。

お昼になったので、総合センターから数百メートル離れた所に、池の里市民交流センターがあり、そこでは地域スポーツ推進のための池の里クラブまつりを覗きに行ってきました。


そこでは、池の里市民交流センターに活動拠点を設置している桜校区福祉委員会と西校区福祉委員会が、隣同士で模擬店を出店していました。桜校区はお好み焼き、西校区はカレーを格安で販売していました。


どちらも多くの方が並び購入していました。私も昼食として、それぞれを購入し、味わって食べさせていただきました。
両校区の方も忙しい中、声をかけていただいたり、私からの話を聞いてもらったりと、感謝感謝
暑さにも負けずに笑顔いっぱいで、料理を作っていました。