寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

23年度第1回評議員会開催

2011年5月30日、市立総合センターで評議員会を開催しました。定数50名の評議員の内39名の出席で会議は成立しました。

主な審議事項は、22年度事業報告・決算報告でした。事務局から説明をし、承認をいただきました。
また、この度に東日本大震災を受けての本会の取組みについて、報告し、スライドを使って、今まで現地に派遣された職員の活動内容、現地の状況などについて、地域福祉課長が代表して報告を行いました。
本会会長からも「出来る限り支援を行っていきたい」との言葉もありました。

本日、5月30日の第19クールからは、今までの夜行バスでの現地入りから、各派遣職員が仙台市内の宮城県社協まで直接移動し、そこから全体オリエンテーション後、各派遣先へ移動する方法となり、その19クールには、本会から地域福祉係長・職員K、1名を派遣しています。現地で、18クールの職員Hと引継を行うことになっています。

現地は雨模様です。天候にも左右されながらの災害ボランティアセンターの運営となります。
引き続き、本会からは、派遣希望のある職員を派遣していきます。

また、今後、本会では、今後予想される震災(東南海地震など)に対する備えとして、寝屋川市における災害ボランティアセンター・運営ボランティアスタッフを養成する講座を開催する予定になっています。

(職員T)