寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

新任のまちかど福祉相談員への説明

9月29日午後7時30分から西北コミュニティセンターで今年度新たにまちかど福祉相談員になった相談員12名の方対象に西北まちかど福祉相談所の運営などについて説明をしました。
6月から7月にかけて、社協で行った養成研修を受講されたみなさん。少し緊張した様子でしたが、自己紹介や相談所の現状について、CSWから説明していく中で、相談所の雰囲気がイメージでき緊張も解けていった感じでした。

自己紹介では、「会社勤めをして、地域とのかかわりがここ数年でできつつある、何かの役に立てればと思う。」「自治会活動には長く関わってきたが、今回、声をかけられたので参加した」など動機や心境などをお話していただきました。

説明会の中心議題は、相談者との会話の中から相談票に必要事項を記入していくことの難しさと大切さについて、いろいろと意見交換ができたかと思います。
質問も実際の相談の場面での応対やCSWとの役割分担などがありました。

10月の当番から相談員として活動に加わる感じです。

西北まちかど福祉相談員のみなさん、これからよろしくお願いします。

(職員T)