寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

地域貢献委員会の取組み「生活困窮者支援説明会」開催

2016年8月19日(金)
地域貢献委員会による生活困窮者支援説明会がありました。
午後1時〜2時30分 食品・給食支援説明会
午後3時〜4時30分 就労(準備)支援説明会

昨年度、生活困窮者支援策の検討の一環かとして、地域貢献委員会46法人75施設に対して、アンケートを実施し、その結果に基づき、また寝屋川市より委託を受けて社会福祉協議会が事業展開をしています「生活困窮者自立支援事業就労準備支援事業」と連携した取組みとして整理、調整してきました。
今回、地域貢献委員会として、社会福祉協議会と協力・連携した支援についての説明会を開催しました。

食品・給食説明会には26施設から参加がありました。
就労(準備)支援説明会には24施設から参加がありました。

地域貢献委員会の代表者、役員の方々も出席もありました。

食品・給食支援説明会では、主任相談支援員が司会を務め、支援策の概要説明を生活支援課長が行い、詳細説明と実施に向けた聞取りシートなどの説明を相談支援員が行いました。
保存ができる食品を施設から提供を受け、社協で保管して必要な方へ支援を行う内容説明の後、参加者から質問を受付、回答させていただきました。

休憩をはさんで

午後3時からの就労(準備)支援説明会援(職場見学、体験、実習)の説明をしました。司会は引き続き、主任相談支援員が行い、概要説明も生活支援課長が行い、詳細説明は就労支援員が行いました。
就労準備支援事業のプログラムの一貫として、福祉施設での職場見学、体験、実習について受入施設、作業内容などについて説明をしました。
質問では、就労準備支援事業の支援プログラムを通じて就労につながった流れ等についての質問をいただきました。

具体的な一歩を踏み出しました。