寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

木屋校区 ひとり暮らし高齢者の会「はるこま会」総会に参加

2012年5月16日
鞆呂岐神社社務所にて、木屋校区のひとり暮らし高齢者の会「はるこま会」総会に出席しました。
会員、校区福祉委員含め17名でした。

総会では23年度事業報告、決算報告、24年度事業計画、予算案について説明があり承認されました。
この会の活動の特徴は、麻雀を月2回行っているということです。参加者は経験者、未経験者もいるようです。
未経験者の方が、繰り返し参加することで、経験者や指導者役(福祉委員)に勝つほどになっているようです。
まさに、介護予防!!!!の実践

また、昨年度から隣校区のひとり暮らし高齢者の会と一緒に日帰り旅行にも行くようになったようです。人数が増え、初めて同士の方々との交流は楽しいとの感想がありました。

当事者組織としてできることをして行く。それを福祉委員のみなさんが上手に支援している様子がうかがえました。

24年度は茶話会も数回開催する予定ですので、西北包括としても介護予防のお話や講座などで引き続き協力できることをお伝えしました。

昼食の後、会員さんで持ち寄った物を景品にしたビンゴゲームをみなさんで行いました。
(包括T)