寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

CSWの取組み

まちかど福祉相談所を開設している校区内の方(社協の役員)から、「近所に長年住んでいる高齢者夫婦が今後のことについて不安に思っているので、まちかど福祉相談で対応してくれないか?」と社協に連絡があり、その方を通じて、面会の設定を行い、先日お会いしてきました。
夫90歳代、妻80歳代の二人暮し。要支援。ヘルパーを利用。
相談内容は、長年住んでいるが、最近、近所に空き巣が入った。今までできたことが出来にくくなっている。不安なこともあるので、終の棲家を考えている。」との話でした。ご夫婦の思いや今後のことについて、話をお聞きしました。
担当しているケアマネジャーもわかり、早速、ケアマネジャーに連絡をとり、話の内容の確認と、CSWとケアマネジャーとの役割などについても確認を行いました。

今後は、ご夫妻の想いできるだけ、形にしていきたいと思います。

CSW+まちかど福祉相談が地域に浸透していると思いました。