寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

西北地域包括に福祉委員会活動の作品を展示

西北地域包括ができて1年が経ち、地域の方々にも少しずつ受け入れられてくたかな?と感じています。
西北地域包括の事務所にちょっとアクセントとして、絵手紙とサロンでつくった作品を展示する取り組みを始めました。

カウンターに2点の作品を展示しています。
1つ目は、絵手紙、これは北校区福祉委員会の見守り活動時等で配っているものです。それを職員作成の手作りフレームに納めてカウンターに置いています。今は、2月ということで、バレンタインデーにちなんだ作品

定期的に絵手紙を入れ替えて行く予定です。

2つ目は、木屋校区福祉委員会が地区で開催しているふれあいいきいきサロンで参加者と一緒に作成した作品を見本として展示をすることになりました。これは、木屋校区ボランティア部会の会合で提案させていただき、早速、実施。今回は、3月のひな祭りにちなんだ作品。豊里町・池田北町地区が2月15日に開催したサロンで作った作品の見本を置いています。
今後、季節間のあるものや、サロン開催後に作品見本を貸していただくことになる予定です。


少しずつですが、地域の拠点施設としての動きを取り入れて行きたいと思います。

(包括T)