寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

ちょっとした風景

今日、昼から広報担当の職員と二人で、初めて取り組む福祉広報コンクールの審査基準などについて、福祉広報分野のパイオニアのシイーム企画の石田章さんの会社まで打ち合わせに行ってきました。その帰りのことです。地下鉄に乗っていたら、駅に到着し、私達の前の座席が空きました。すると若い人が何気なく座り、その横に一人分のスペースがあり、そのスペースに女性の高齢者が座りました。すると若い男性がスット立ち上がって、「どうぞ」の仕草・・・・それに従って男性の高齢者が会釈して座りました。隣の女性の方と夫婦みたいな様子。
二人そろって、男性に笑顔で「ありがとう」。男性は少し頭を下げながらドア付近に立ちました。
ほんの一瞬の風景でしたが、私にはゆっくりとしたシーンのように映りました。
ちょっとした風景。暖まる風景でした。

(職員T)