寝屋川社協職員の日記

寝屋川市社会福祉協議会の活動の中で「心に残った出来事」「地域の活動」を書いています。

敬老月間にちなんだ集まり

2019年9月7日(土) 午後から石津小学校体育館で石津校区福祉委員会主催の敬老のつどいと田井小学校体育館で田井校区福祉委員会主催の敬老のつどいがありました。

職員Tは以前、両校区福祉委員会があるエリアの担当していたこともあり、久しぶりにそれぞれの校区福祉委員会の敬老のつどいをみてきました。

石津校区の敬老のつどいでは、地元中学校の吹奏楽部による演奏によるオープニング、参加者の高齢者の方も知っている曲を演奏していました。

会場内には石津校区を担当している友呂岐中学校区地域包括支援センターの相談コーナーや地元の福祉用具の業者による福祉用具の展示も行われていました。

f:id:clicknet:20190908135551j:plain

来場者に配布されたうちわとプログラム

f:id:clicknet:20190908140242j:plain

中学生による吹奏楽

田井校区の敬老のつどいでは、寝屋川警察の警察官による寸劇「若竹座」による特殊詐欺被害を防ぐための啓発劇をしていただきました。また、元気アップ体操を福祉委員でもあり元気アップ体操サポーターによる体操をしました。

また会場内では社協が運営しています第三中学校区地域包括支援センターの相談コーナーもあり、来場者の方が相談されたり福祉委員と意見交換などをしていました。

f:id:clicknet:20190908144542j:plain

寝屋川警察署員による特殊詐欺被害への注意についてのお話

f:id:clicknet:20190908150154j:plain

元気アップ体操についての説明

 

この日は30度を超える暑い日でした。体育館内では扇風機や冷風機を使い、途中途中で配布されたペットボトルで水分補給の促しがありました。

 

9月からは敬老月間にちなんだ取組みや秋の取組みなどが増える時期です。

福祉委員のみなさん、企画検討、準備、当日の進行なども含めお疲れさまでした。